×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療事務への転職を考える

医療事務の仕事

医療事務の仕事は、診療報酬明細書を作成し、診療内容を点数に置き換えて診療費を計算したり、関係機関に提出したりするという、レセプト業務と呼ばれる仕事がメインです。ですから、医療事務は、レセプト業務さえすれば良い事になりますが、殆どの医療現場では、医療事務の仕事に、レセプト業務のほか、受付業務、会計業務、データ入力、カルテの管理、カルテを運ぶ業務、保険会社とのやり取りなどを加えています。また、掃除などの雑用をしなければならない医療現場もあるようです。

 

 

このように、医療事務の仕事といっても、医療事務としての仕事以外の仕事をしなければならない事もあるという事です。

 

また、医療事務には、医科での医療事務、歯科での医療事務、介護施設での介護事務、調剤薬局などでの調剤事務と分けられており、医療事務の内容が異なるという事です。また、医療事務に携わる人は殆どが女性であり、結婚や出産によって仕事を一時離れた人でも、復職が簡単に出来る職業として人気となっています。

必要なスキル

医療事務に必要なスキルは、医療報酬明細書や、医療内容を点数に置き換え医療費を計算するという、レセプト業務が出来る事です。近年の医療機関における採用条件には、経験者というものが多く、レセプト業務が出来ることが前提となっている場合が殆どとなっています。その為、転職するためのスキルとして、医療事務が担うレセプト業務の知識は、必要不可欠となります。

 

また、医療機関で働くため、医師や看護師などの指示が分かる様に、また、患者の接客をする際などに、医療関連の知識を持っていないと仕事になりません。ですから、医療用語や医療関連の知識を持っている事が求められます。更に、近年の病院の傾向で、患者は客だという考え方が強くあり、その為、病院接遇のスペシャリストであるホスピタルコンシェルジュという職種も出てきています。その役割を、医療事務に求める医療機関もあります。つまり、勤めている医療現場の総合知識と、患者に接する態度、メディカルマナーも必要とされているのです。

 

医療事務という仕事は、医療事務が担うレセプト業務に留まりません。時には雑用をしなければならない時もあります。そして、医療現場の窓口となる為、いつも笑顔で接客しなければ、勤めている医療現場の真価が問われる事にも繋がります。医療事務に1番必要なスキルは、どんな事にも臨機応変に対応し、笑顔を絶やさない強い精神力ではないでしょうか。

医療事務の現状

医療事務という職業は、大変人気の高い職業です。特に、女性に人気があります。医療事務は資格があり、その資格は一生ものですから、結婚や出産によって仕事を一時期退職し、子育てが一段落付いて復職するのにも、比較的簡単に就職出来る職業という事もあって、人気が出てきました。資格取得も難しくなく、通信教育や専門学校、短大などで専攻して取得する事ができ、受験者の約8割が合格するという高い確率の為、医療事務という資格を取る人の人数も増える傾向にあります。また、医療関係の仕事という事もあり、仕事場には一生困らないという事も相まって、医療事務の資格保持者の数も、医療事務に携わる人数も、増えています。

 

こうした現状から、医療事務に従事している人数は増え、医療事務を希望している人数が増え、働ける医療現場を探す事が困難になってきました。更に、近年の産婦人科閉鎖も伴い、今は、医療事務を新たに雇う医療現場も少なくなっています。

 

また、医科、歯科、介護、調剤と、同じ医療に携わる現場において、医療事務の内容が異なる事も問題です。各々の現場で各々の知識が必要になってくる為、歯科で医療事務に携わっていて、今度は医科に転職したいと思っても、医科の医療事務の知識がなければ、すぐ働く事は出来ません。つまり、新たに勉強しなければならないという事になります。それによって、同じ医療機関内でも、医療事務の転職は難しくなっているのが現状です。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


医療事務に転職する

医療事務は、医療事務という資格がありますが、その資格は民間資格なので、医療事務として働く場合に、基本的には、資格を必要とされません。つまり、医療事務の資格を持っていなくても、医療事務の仕事は出来るという事になります。しかし、知識のない者に医療事務の知識を覚えさせるのは、医療現場としては時間のロスです。ですから、求人する医療現場の殆どが、医療事務の経験者を条件にしています。医療事務に少しでも携わった事がある人ならば、教える時間も要らないし、現場のことを理解するのが早いという考え方からです。特に、レセプト業務の知識を最初から持っていれば、すぐに即戦力となります。それを現場は期待しています。

 

つまり、全く知識がないまま転職するのは、近年においては難しいという事です。スクールに通うなり、通信で勉強するなりして、医療事務の資格を取得しておく事が必要です。また、医療事務の資格には2種類あり、医療事務としての基本となる保険請求事務技能検定試験と、診療報酬請求事務能力認定試験があります。転職を考えているならば、両方を取っておく事が良いと考えられます。

 

そうした知識を持った上で、医療機関と提携を結んでいる転職エージェントや人材派遣会社へ登録し、マッチングして貰う事が、医療事務への転職の近道と言えるのではないでしょうか。

転職に有利な人材紹介の会社

医療事務の求人は、大抵の転職エージェントや人材派遣会社で扱っている職種です。しかし、条件に経験者優遇としている所や、派遣、パートといった形態での就職になっている所も多くあります。

 

転職する際に、1番有利だと考えられる転職支援サイトは、医療系の転職サイトです。医療系専門のサイトならば、未経験者などの条件でも扱っている場合があります。また、最も早く転職する為のサイトは、医療事務の講座を開いている会社が運営する派遣サイトです。

 

ニチイ学館(まなびネット)や三幸医療カレッジ、ニックでは、それぞれに派遣業務を行っています。講座を終了し、資格を取得すると共に登録すると、提携している医療機関へ派遣したり、会社自体が医療サービスを行っている為、そこで働く事が出来る様になっていたりします。そうした所で医療事務を経験し、また、転職する事が、1番確実で、1番有利な方法だと思われます。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


医療事務への転職を考えるエントリー